FC2ブログ

道具とこだわり

未分類
05 /13 2018

32402265_1348845558579207_432871663361589248_o.jpg 32349980_1348845491912547_3923518818931965952_o.jpg 32267140_1348845521912544_96627993836781568_o.jpg 180416_物件検索改修 32293650_1348845595245870_2524013234587959296_n.jpg 32266929_1348845631912533_8617331518366285824_n.jpg 32266363_1348845671912529_344319775704350720_n.jpg 
道具とこだわり

釣りに行けない日にたまに道具に親しむ。

道具をネットで調べてみたりする。

僕達は東京や大阪の都会ではなく九州という

恵まれた環境に囲まれているので実績主義で

道具や釣行までのプロセスに余りこだわり楽しみが少ない。

都会人は天候や遠征、仕事の都合で僕達が想像できない程1匹の成果に辿り着くまで

沢山の壁が存在する。

だからそれでも魚釣りに対する思いは僕達と同じで、

結構みんな高級な道具を持っていたりする。

僕達は遠征釣行費用の割合が高く割と道具にこだわらない。

腕のいい職人は道具にこだわるという言葉がある。

これはプライドのかかった満足いく結果を出すために必要なプロセス。

腕のいい職人は道具を選ばないという言葉がある。

これは制限された環境でも最大の結果を出せるというプライド。

但しプロから言わせると結果は「作品」である。

制限されたプロセスで出す結果は「仕事」である。

魚釣りに置き換えてみる。

「釣った!」と「釣れた!」じゃ

ベテランに言わせると雲泥の差だという。

僕はベテランではないので雲泥の差ほど感じない(笑)

それでも道具には一応こだわりはある。

30万と5万の新品ゴルフセット。

50万と10万の同じ目的の自転車。

10万と3万の同じ包丁。

同じ人間が使って同じ結果が出るだろうか?

想像できる通り結果は同じではない。

その差がわずかであっても実はその差は

機能性だけではなく「思い」の差がつくと思う。

僕は道具とはそういうものだと思っている。

自分の好きなことにはいい道具で臨みたい。

感動のボートライフ

エクセルマリン

やったぞおいっ!

ありがとう。

スポンサーサイト

エクセルマリン栗林

昔は外航船の船乗りでした。
今は内航の船売りです(笑)
趣味が仕事になってよかったですね・・
と言われますが、違います!
釣りと船は関係ありません(笑)
本当の趣味は酒と笑いと出会いです!

中古ボート販売・買い取りしてます!お気軽にご相談ください!
エクセルマリン公式サイトはこちら