Entry Navigation

男女群島の思い出、2008.2




2008つり手帳より引用

2月4日(月)出港15時~6(水)納竿09時、中潮~大潮、天気曇り時々晴れ
あじか磯釣りセンター ブラックカイザー 船長山見

天気予報はよくなかった、波2.5m北西、曇り時々晴れ出発の朝は晴れていた。
これは行かなければ、もう今シーズンの男女はないと思い、思い切って行く。
西区今宿のなかはら釣具でエサ購入、食事はマルキョウでアルミホイルの鍋(便利美味過ぎ)を中心に買う。
14時平戸口、あじか磯釣りセンター着、14:40出港、20人くらいか・・・。
18時前エンジンスローダウン・・・、男島東側より瀬付け、すぐに自分の番、ポーターが言う「カイザー得意の北泊(キタドマリ)の洞窟~、釣れるバイここは・・・」と、一瞬壁にしか見えないが船が着くと見た目より足場はある、風は強いようだが風裏で全くここは吹かない。

19時くらいから開始、最初3ヒロでハリセンボン、そして3投目洞窟(穴)側でチョット抵抗して上がってきたのは尾長52cm、ホッ!軽いので放り投げた。
それから30分ごとに尾長・口太が3枚くる。それから全くアタリなし、エサもとられない・・・。
しかし朝まで寝ずに頑張るが全然だめッ、朝9時見回り、瀬替わり。

女島の南突端、「二重鼻フタエバナ」へ瀬上がり、よさそう~A級、前田船長のブラックヘラクレスのお客と入れ替わり。
海を見て右側のサラシの先を釣る、口太35~40cmを夕方までに8枚追加、夕方2枚尾長はいる。
足元で反転して2枚ほどバラシ・・・。
夜瀬際タナ2本~2ヒロまで探るがアタリもなければエサも取られず22時~24時寝る。
そして1時間表裏やるが全然ダメ、又寝る。~06:30爆睡!
7時開始、風向き変わり、波風共に強くなってきた。
サラシも大きいがその中から尾長40~45、2枚きた。
08:30納竿、09時回収。
帰り少し船たたいたが3時間半で到着。全体的にはまぁまぁ釣れていたようだ。
今回の反省は昼夜共にメリハリつけて釣ったほうがよさそう。特に夜は活性低いときは割り切って寝た方がいいかも、集中力継続のために・・・。
でした。

スポンサーサイト
category
男女群島