Entry Navigation

BAN九州ボートレスキューサービス

18620026_1061134394016993_7379232975763785508_n.jpg


18485682_1061134404016992_4759762055140823039_n.jpg


18527933_1061134410683658_4671599105252053115_n.jpg


いよいよ九州でも始まります!

BANとは
http://www.kairekyo.gr.jp/ban/

プレジャーボートオーナーを対象に“自分の安全は自分で守ろう”というコンセプトをもって、官民一体となって設立された会員制救助システムです。入会対象者は、モーターボート・クルーザーヨット等の非営業用小型プレジャーボートを所有する個人または法人です。
 事業内容は、マリーナ、海事従事者等の協力によって構成されたBANネットワークによる“24時間365日の曳航無料サービス”を主たる業務としています。 
 平成4年の発足当初のサービス海域は東京湾・相模湾水域に限定されていたましたが、現在は、太平洋側は、千葉県野島崎から瀬戸内海来島海峡西部まで、又日本海側は、若狭湾まで拡大され、プレジャーボート愛好者にとっては無くてはならない存在になっています。また、BANは会報誌「バンメイト」やホームページ等により様々なマリン情報を提供し、会員の快適で安全なマリンライフを支援しています。

前日産マリン九州の所長だった早苗さんが

BAN九州の責任者として

紹介と協力要請で来社されました!

普段僕はお客には海上でトラぶったら

アンカー打って、漁船でもレジャーでも

遠慮なく堂々と救助を要請すること!

と言って来ました、

海上では困った船があれば立場、大きさ、状況、環境に関係なく、

「助け合う」のが「シーマンシップ」

世界統一のルールです。

無視されたり断られることもあるかもしれませんが、

そういうことです。

エクセルマリンは加入代理店もするし、

レスキュー艇も出すし、

救助艇会員の紹介もします。

栗林は福岡県の全遊漁船の半分の船長は知っているので(笑)

僕が知らなくても向こうが知っているので(笑)

いっぱい協力要請させてもらいます。

福岡のボートオーナーさん

来年4月サービス開始目標で、

下関から呼子までのエリアになるようです。

加入宜しくお願い致します。

また募集が始まる時は連絡します。

ありがとう。
スポンサーサイト
category
モーターボート

海上のルール

18527894_1060460320751067_1217507164625372124_n.jpg


18485371_1060460307417735_8745868924503447443_n.jpg


18519481_1060460317417734_6972173388101921184_n.jpg



今年もボートフィッシング

ハイシーズンに入りました。

沢山のレジャーボートが博多湾から

玄界灘まで週末には繰り出します。

当然そこには生活の場である漁師もいます。

かつてジェットスキー、マリンジェットが

そうであったように秩序のない拡大は

利害が一致するどころか相反し

社会悪とみなされ業界ユーザーが

ニーズは沢山あったのに縮小してしまいました。

レジャーボートの世界だけは同じ道を進まないよう

ベテランは海上の社会情勢情報を意識して共有し

ビギナーは車の路上ルールと同じことが海上にも存在し

それを守り実践していくことが安心安全を手にし

笑顔で魚釣りを楽しむことができる、

エクセルマリンの栗林重雄は

そのことを広く沢山のユーザーに伝える

使命があると感じている。

海上で皆と違った行動をし注目され

それは「何故か?」

そこに疑問を持つことが最初の一歩!

レジャーが漁師に大声で

「お前の海かっ!」

と何度聞いたことか・・・・・・・・

なんでもかんでも事なかれを言っているのではない

結果的に自分の首を絞めている!

と言っている。

博多湾に新たなルールができる可能性がある。
category
モーターボート

今津ボート会壱岐クルージング

1_2017051720531584b.jpg


3_20170517205314939.jpg


4_2017051720531398d.jpg


5_201705172053120b4.jpg


6_20170517205310380.jpg


7_201705172055413af.jpg


8_2017051720554059b.jpg


9_20170517205539ed5.jpg


10_201705172055380cd.jpg


12_20170517205537f4e.jpg



エクセルマリンの

栗林重雄

反省会で

日本の

九州の

糸島の

ボート業界を変えるのは

もちろん僕しかいない

らしいが

市長、知事、大臣

そして

安倍さんに

思いを伝えるのに

「誰かに」

手伝ってもらわないと

いけない!

そうみんなに言われました。

それは誰だ?

あなたか?

違うのか?

誰も賛同しなくても

僕はやる(笑)



みんなと同じことするなら

僕は死ぬ!

そのくらい

人と同じは僕はいやだ。

おやすみ。
category
モーターボート

社会貢献

18033893_1055792994551133_7600766594194131261_n.jpg


18342270_1055793001217799_4016892342271180124_n.jpg


18403031_1055792997884466_2525267747625322869_n.jpg



エクセルマリンの

社会貢献活動!

手放す人、繋ぐ人、使う人。

解体ではなく再利用する。

金銭的には殆どメリットないですが

地域や社会に役立っている

という業務は仕事として

物凄くやり甲斐を感じます。

古いボートはエクセルが金銭を

払う場合、ただの場合、頂く場合

3パターンあります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

糸島のエクセルマリン

092-332-9521
category
モーターボート

お仕事

9a_20170501205400fe3.jpg


9b_20170501205359376.jpg


9c_201705012053587bd.jpg



今日も

ボートの引き渡しと

係留アンカーシステムの工事!

結構色々大変だった!

ボート初めてのお客さんだけど

協力的で少々の不手際も

笑って済ましてくれた(笑)

もちろん甘えは禁物だが・・・

余りにも細かく神経質な性格の人だと

ちょっとした事が「重なる」と

どんどん顔色が変わっていくのがわかる(笑)

海は、ボートは、機械は、道具は・・・

「こういうもんです!」

ということを

「栗林重雄」が「伝える」ことに

「大いなる関心」を持ってもらわないと、

「感動のボートライフ」を体感することが

できない。

完璧を求めるなら新艇しかない!

ポルシェ、アメ車、ビートルの旧車を買うようなものである。

最初から不具合、不手際があるのは当たり前、

それがいやなら

「絶対にボートはやめた方がいい!」

僕の周りには

ヤマハ、ヤンマー、浦田、SSなどの著名な新艇造って

その不具合とアフターサービス、対応で

「えーーーそんな感じーーー(笑)」

と驚いている人達も沢山見てきた。

甘えるつもりはない、

しかし業界の構造がそうなっているのは

「経済原則」「客層」「使用環境」

が色々重なり合って営まれている・・・ということだ。

仕事中いきなりユニクロのズボンが破れた(笑)

でも結構長持ちした。

新しいボートを吊る「スリングベルト10m」が入荷した。

さぁ明日も明後日も

何が起こったって・・・

「感動のボートライフ!」を提供できる!

と信じて仕事を続けるだけである。

全国でもエクセルマリンは他のボート屋さんと

売ってる数が「全然・・・もう全然」違うので

社長栗林への「風当たり」は強いですよ~(笑)

「物凄い風当たり」もありますよ~

頭がおかしくなりそうな時もある(笑)

だから

「魚釣り」で癒してみる(笑)

しかし最近はあまりややこしいお客さんは

減ってきました。

むしろボートライフを「理解できる」お客さんが

増えてきたので

栗林の「伝え方」が進化してきたのかもしれません。

こういう話、し出すと昔いっぱい色々あったから

止まらなくなっちゃうんだけど(笑)

ごめんね。
category
モーターボート