大分県クロの磯釣り

大分米水津 グレ
11 /05 2014
b1_2014110507232409d.jpg


b2_20141105072323b7d.jpg


b3_20141105072322241.jpg


b4_20141105072321526.jpg


b5_201411050723218a9.jpg


b6_201411050723206df.jpg


b7_20141105072427254.jpg


b8_20141105072427390.jpg


b9_20141105072426b8d.jpg


b10_20141105072425897.jpg


b11_20141105072425810.jpg


b12.jpg


b13.jpg


朝なんかだいぶ冷えてきましたね。

フィッシングガイドみずほ ← 検索

の石井さんから

「くりちゃ~ん、クロ食いだしたば~い(笑)」と

電話あり。

去年もほとんど磯釣りに行った記憶がないんですが・・・

本当は大好きなんですが、

年々しなくちゃならない「種類」と「量」の活動が増えてきて

とてもじゃないが時間が取れない。

昔はね~7,8年前はね~

男女群島をはじめ、大分県佐伯や長崎県五島列島に

年間30日は行ってたよね~・・・

石井さんとのお付き合いは10年以上になります。

私が商売を始めた頃と同じ時期くらいに石井さんも起業しました。

たぶん殆どの人はわからないでしょうけど、

磯釣りってほんとうに大変なんです。

まず時間、

大体ちょっと都会に住んでる人が田舎の釣り場に行く場合、

前日の深夜から出発、夜の暗いうちから釣り開始・・・

夜帰ってきて、道具下ろして・・・約24時間(笑)

そして道具、

魚釣りにも種類がたくさんありますが、

磯釣りがもっとも量が多く、船釣りやルアーする人からすれば、

「この人たち・・・ほんとよくがんばるな~」ですよ(笑)

一人分でセダンのトランクに入りきれません!

男女群島の遠征ともなるとセダンなら後部座席と助手席トランク、

いっぱいいっぱい(笑)

それと釣り方、

船で渡って岩に上がって、

墜落や波にさらわれるリスクを抱えて

過酷な状況で釣りをする。

長いロッドとウキを使って、ルアーの原理から言えば、

「超非効率的」な釣りが展開される(笑)

なぜそこまでして「磯釣り師」は存在するのか・・・

それは

自分の考えや価値観にしか理解できない世界がそこにある。

「だから」

それに打ち込むことに「意味」がある。

「自分とはなんぞや?」を追求するひとつのカタチ。

だから、

ゴルフやおしゃれなんかもそうかもしれないけど、

ちょっとでも情熱が冷めちゃうと一気にできなくなっちゃうんです。

だから「ホット」な人しかいません。

物理的に言ったら、効率的に言ったら・・・

私なんかもう磯釣りには普通行きません。

でも、なぜ行くのか・・・

磯釣りを辞めて船釣に転向するひとが増えています。

気持ちと事情はよ~くわかります。

だから、

だから、

私としてはその「現場」を常に知っておかなくてはいけない!

そういうことです。

ずっと日記に書いている通り、

年内いっぱい、

社長の私は、

「しなくちゃいけないこと」が

男女群島遠征、冬の尾長釣りの道具と同じくらい

めちゃくちゃあります。

それでも時間作りました。

マラソン練習で足も痛いのに(笑)

いつも樋口さん「癒されます」(笑)

クーラーに腰掛けて、黙々と釣っていく・・・

まさに「師」が似合う男(笑)

いつも日記見てもらってありがとうございます。

あなたに「ある釣り方」教えてもらって、

何十年もクロを釣りきらなかった私が突然どこに行っても

「爆釣」できるようになった!

感謝してもしきれない。

石井さん、バスが新車に変わって「最高」です。

私も資金があれば「その投資」しています。

そこが一番だと思います。

お客様が一番「喜びます!」

佐伯市内の鳥の唐揚げ、

「肉の城南」を食べて帰る!

このオプションも相変わらず「人気」です。

事故怪我なく、

ほどほどの結果で(笑)

海の神様、お魚様、ツアー参加者、そして若戎丸渡辺親子様、すべての方に

感謝致します。

いつもいつもありがとうございます。

PS:台風の影響で「うねり」が凄く、ちょっと危なかった・・・


「どんな世界であってもいい。

好きなものを一つ見つけなさい。

そして、夢を失うことなく、

最後まで持ち続けなさい。

夢を持ち続ける限り、

心も体も若さを保つことができます。」

               小出義雄」/高橋尚子、有森裕子の元コーチ
スポンサーサイト

Yonouzu kuro 2013.2.8

大分米水津 グレ
02 /08 2013
1_20130208232502.jpg


2_20130208232503.jpg


3_20130208232504.jpg


仕事の最中、夕方石井さんから電話が鳴る







「くりちゃん、明日忙しい?」「・・・・・・・・」







「明日米水津一人欠員出たんよ、行かん?」「・・・・・・」







天気予報は・・・「・・・雪」・・・「・・・またか・・・」笑







釣り以外にもこういうことで過去に「数合わせ」で私が声を掛けられたことは殆どない・・・







防寒対策をしっかりする!※といっても要は”使い捨てカイロをいっぱい貼るだけ”のことだが 笑







朝4時半出港、暴風と雪が舞っている・・・またか 笑







まったく”懲りない自分に呆れる”爆・・・先日の男女群島の二の舞は避けたい 笑






夜明けまでオガライトで暖をとるが、釣りなんかせずにここで温もりたい 爆







晴れたり雪が降ったり・・・朝9時くらいまで指の感覚が痺れて・・・ない、身体はカイロで温かいが露出部分が寒さで”痛い”







結果は30~35cmが13枚 ※前回の4枚からは大進歩 爆







タナは2~4ヒロ、アタリは鮮明だが殆どがエサが残って上がってくる







「・・・一番釣っちょ~やん、やるね」「・・・いやいや、上には上がおる 笑」







今日はビギナーの若者が頑張っていたが、逆に勉強になった







ルアーの釣りは非常にシンプルで「ルアーのセレクト」と「リーリング」がキモの殆どだが、餌釣りの上物/おもにグレ、で磯となると「針」「撒き餌」「ライン」「流し方」「タナ」「立ち位置」「ウキ」などどれが一つ間違っても「大きな差がつく」複雑な釣り※釣りマニアの世界でわざわざ難しくて複雑にしている様な気もするが・・・おまけに「道具は一番多い」んじゃなかろうか、波止のキス釣りから沖のマグロ釣りまで「結構シンプルだ」・・・どうして磯の上物釣りはこんなに道具が多いのか







だからビギナーは覚えなくてはならない事がたくさんある







なんでこのややこしい釣りが特に好きなのか・・・※もちろんボートのキスから南海のGTまで、なんでも好きだが







ゴルフのシングルになるまでのプロセスと同じで「ラッキーが殆どない、完全実力の世界」







・・・だからかな







でも、もう寒いのは・・・飽きた 爆


Turumi kuro 2012.12.12

大分米水津 グレ
12 /12 2012
1_20121212234708.jpg


2_20121212234709.jpg


3_20121212234710.jpg


当社の忘年会の食材調達に大分佐伯の磯へ 笑







毎回クロばかり釣ってくるので「又クロかよ」爆 と言われそうでしたが







今の時期、これしかいないんだから仕方ないやろ 笑







30~40cm20枚・・・これじゃ私のクーラー満タンにはなりません 泣







しかし忘年会にはなんとか足りそうです







今日は食ったタナが竿1本から1本半・・・深い







2ヒロで食ったのは1匹だけ







今まで2ヒロのタナでしか釣らなかったが、クロさんには申し訳ないが今では全層容赦なく拾っていくので1本半で一瞬入れ食いもあった







皆さん「今日は渋い」と言うが私はそうは思わない







しかし今年も12月もあと少し・・・50枚くらい釣ってみたい







ところで今日は都合上一人で磯に上がったのだが







寂しい・・・泣







知らない人でもいいからもう一人くらい居てほしかった、5人くらい居れば最高だが 笑







いまさら・・・一人だけで釣りをするほど「飢えていない」、やっぱり「みんなと楽しんでナンボ」です

Kuro 2012.11.20

大分米水津 グレ
11 /21 2012
2012112016220000.jpg


大分にクロ釣り行って来ました







足の裏~35cm30枚







40センチオーバーがまだ出ません







アタリウキ釣法







奥が深いというかまだまだ進化の余地がたくさんあります







今回は環付きのウキを使用したのですが、結果から言うと良い所悪い所それぞれあるように感じました







円錐ウキと状況に合わせて変えていったらいいかもしれません







しかしクロも今回は手強かった







「ホバーリングして食っているので当たりが出ない ※回収時に掛かっている」「30cmタナを上げると何回やっても餌が残る位シビア ※2ヒロから」「アタリウキが20cm入ってもそれ以上走らない場合、まず掛からない ※上手に吐き出す」「下で撒き餌に30~40cmが乱舞していても絶対に入れ食いにはならない ※相当知恵を絞ってポツポツ拾っていく」「言葉で説明しにくい絶妙のタイミング ※張ってはいけない、緩めてもいけない。合わせてはいけない、しかし聞かないとだめ。ウキが20cm入って掛かる、50cm入っても掛からない。入れ食いタイムに突然餌が残って30分くらい釣れなくなる。など」







・・・しかし、だから面白いんですね







昔はこんなに釣りきらなかったのに、今はなんでこんなに釣れるようになったのか不思議です・・・







私が今まで出会ったたくさんの人達のアドバイスの意味がキャリア25年にしてようやく理解できるようになったのかもですね 笑







これはゴルフでいうとどのくらいのレベルでしょうか?







ハンディ3とか言ったら叩かれそうですね 笑







一応シングルということにしておきましょう 笑







よくトーナメントに出ている上級者は別として、普通の人と勝負したら絶対に負ける気がしません、今は

クーラー満タン

大分米水津 グレ
12 /20 2011
PAP_0005_20111220022342.jpg


DSC06351.jpg


DSC06336.jpg


石井さんのツアーで大分佐伯米水津の横島1番へ




結果は35Lクーラー「氷入れて」満タン




6人で上がったのだが数型ともに竿頭!




いつも辛い釣りをしている・・・




みんな釣れて俺だけ釣れない




隣の奴と同じ条件なのに俺だけ釣れない




俺だけサイズが小さい




隣のアホみたいな釣りしている親父に釣り負ける




・・・・・・・・・・・・




磯でメジナ(グレ・クロ)釣りしている者なら必ず経験していることだ!





だから





「そんなにクロ持って帰ってどうする?」





そんな声が聞こえてきても「大きなお世話だ!」





ほんとはクーラー3杯も4杯も釣って、ポケットにも入れて持って帰りたいぐらいだ!





※小さいサイズは除く





普段ストレスの多い釣りをしていて(逆にストレスが多いからこそやめずに続いているのかも)





たまに一杯釣れると凄くうれしい(しかし、毎回だと飽きる・・・ややこしいが 笑)





ハリス1.7号、アタリウキと円錐ウキの二段仕掛け





最初から最後までタナ2ヒロの完全決め打ち





4回ほどライン飛ばされたが、一度2号に替えたが食いが落ちたのですぐ1.7号へ




村山君から携帯で「ダメだし」が入る





ハリスを上げて大物狙えと・・・





俺は今日は大物は・・・いい、いらん





今日は周辺のクロがいなくなるまで釣りまくる!普段のストレスを完全に爆発させる!





結果的には49.5cmを1.7号で獲った(港で検量)





長くその釣りをする者は「そういった経験」を経ないと「正常な感覚」を持った釣りを続けることはできない!





隣の奴に絶対負けない!グループで竿頭!クーラー満タン!当日最大魚!





俺はそうだ





しかし釣りは趣味だ





自分たちが好きなようにするがいい





しかし





今日のこの結果は俺だけが出せた結果ではない!





俺はここ数年「独りで釣りに行く事がほとんどない」





村山君、樋口さん、村山さん・・・俺より上手なクロ釣り師達のテクニックをまじかに見ながら、いつまでたっても上手にならないなら




それはただの馬鹿だ 笑




みなさんに感謝している、感激している




みなさんのお陰だと本気で思ってる





森ちゃんのように釣りは仕事のストレス発散の道具、ではない




森ちゃんのようにいつも独りで釣りに行く事はない




必ず人と行って、自分のレベルがどの程度のものか、いつも自己確認していたい




釣りは自己実現の場だ





理屈が過ぎた 笑





今年もあと10日




まだまだ行く




今年に悔いを残してはいけない




「いい新年を迎える為に」




PAP_0006_20111220022457.jpg


PAP_0007_20111220022456.jpg


DSC06331.jpg


DSC06333.jpg


DSC06337.jpg


DSC06339.jpg


DSC06341.jpg


DSC06347.jpg


DSC06349.jpg


PAP_0000_20111220022551.jpg


PAP_0002_20111220022551.jpg


エクセルマリン栗林

昔は外航船の船乗りでした。
今は内航の船売りです(笑)
趣味が仕事になってよかったですね・・
と言われますが、違います!
釣りと船は関係ありません(笑)
本当の趣味は酒と笑いと出会いです!

中古ボート販売・買い取りしてます!お気軽にご相談ください!
エクセルマリン公式サイトはこちら