Entry Navigation

飲みに行く!

16649516_995089553954811_1699967639370688887_n.jpg


16730160_995089637288136_7353842595921931816_n.jpg


16729236_995089713954795_6400065676641521244_n.jpg



理不尽なことが3つあった。

パンクした。

翌日長距離なので新品に替えた。

業者間の売買に絡み「タイミング」「価格」「言葉」の

ずれにより複数よりクレームを言われた。

心配していたボートからまた

「クレーム」電話あり。

これは栗林重雄個人の問題ではなく、

例えば「あなた」に起こっても全然あり得る話で、

しかし人間というのは「小さな」もので

これ以前に「キレる」人間はいくらでもいる(笑)

僕も過去もちろんキレたが・・・そのあとが大変だった(笑)

自業自得である。

最後買取りが成立したので4つ目の不運はなかったが、

キレる前に髪を切ろうと散髪屋に行って話すと(笑)

「わかります、わかります」と(笑)

人生が理不尽なのは百も承知だが、

とにかく僕は今日は飲みに行く!(笑)

明日はまた長距離出張だ。
スポンサーサイト
category
This is it! まさにこれだ!

博多通りもん運動

c1_20170130201020dd4.jpg


c2_201701302010196b9.jpg


相変わらず

「博多通りもん」の

小箱持ってあっちこっち行ってます(笑)

みなさん

通りもんと分かると明らかに反応がいいです。

やっぱり人気があるんでしょうね。

今宿のなかはらさんに行って彩さんに

持ってもらいましたが・・・

離れて撮ると「保護色」になるようです(笑)

釣具屋さんってほんと「モノ」多いですよね。

ひとつの棚が¥100万超えるのザラらしいです。

いつもありがとうございます。

”30代の人のなかには、

「自分はもう若くはない」と思ったり、

「あのときにああしておけば」と

過去を後悔したりしている人がいるかもしれません。

しかし、それは大きな思い違いです。

自分が一番よく知っているのは「過去の自分」ですから、

未来の自分を想像するよりも

昔に思いを馳せるほうがラクだというだけです。

過去にとらわれて将来を見失わないためにも、

「いまできること」に意識を集中して、

腰を据えて取り組んでほしいと思います。”

                   百田尚樹/海賊と呼ばれた男
category
This is it! まさにこれだ!

スターフライヤー

d1_20170121202054761.jpg


羽田の帰り

福岡空港の着陸前・・・

かなりの暴風で・・・

着陸態勢

雲の下に降下をはじめると、

揺れる揺れる・・・時々悲鳴が聞こえる(笑)

こんなのでまともにランディングできるんだろうか・・・

僕は知っている!

乗客の予想を裏切る見事なランディングになるだろう・・・

タイヤが滑走路に触れる数秒前・・・

重力が一瞬「フッ」と抜ける・・・

その瞬間着地・・・そして前輪着地・・・

ゴーーーーーーーーーーーー!逆噴射

乗客は何事もなかったように淡々と降りていくが、

僕はスチュワーデスさんに

「見事なランディングでした、

キャプテンにありがとうございますと」

訓練されてるとはいえ実際はドキドキしますよ(笑)

去年の夜間暴風スカイマークも見事だった。

「大きな結果をつくる仕事というのは、

必ずやる過程で憂鬱になるものだ。

憂鬱じゃなけりゃ、

仕事じゃない」

                見城徹/幻冬舎
category
This is it! まさにこれだ!

カンブリア宮殿「羽田市場」

a1_20170121191409d7b.jpg


a2_201701211914098de.jpg


a3_201701211914087b6.jpg


a4_201701211914074d8.jpg


a5_20170121191406729.jpg


a6_20170121191405181.jpg


「羽田市場」
http://hanedaichiba.jp/

巷で噂になっている・・・

お客さん、遊漁船船長、友人から

話題がのぼる。

テレビ東京の「カンブリア宮殿」で一目瞭然となった。

朝の活魚が羽田空港内の店舗に届き・・・

夕方飲食店に出て食される。

僕たちは朝釣って夜食べるのは全然普通だが、

東京の人にとっては「革命」「奇跡」らしい。

この物流の仕組みを作った野本社長は凄い!

村上龍は「ビジネスの王道」と言う。

テレビ東京さんありがとうございました。

「新しく出て行くものが無謀をやらないで、

一体何が変わるだろう」

                   見城徹/幻冬舎
category
This is it! まさにこれだ!

ホテル海の中道同窓新年会

a1_20170116203615238.jpg


a2_201701162036150a3.jpg


a3_2017011620361441f.jpg


a4_20170116203613411.jpg


a5_20170116203612df9.jpg


元ホテル海の中道スタッフの

同窓新年会がありました。

去年も行ったので殆どの人は

1年ぶりでしたが、

20年ぶりの人もいました。

オークラに行った人、東京の東急に行った人、

自分で商売始めた人、ミスターマックスでレジしている人(笑)

バツイチ、バツニになった人(笑)、

未だ独身の人・・・以外に女性多い(笑)

しかし、

幹事さんの努力や横のつながりで消息の分かった、

「亡くなった人」

当時事業所は社員とパート入れて100人もいなかったと思いますが、

この20年で10人近く亡くなっている・・・

もちろん高齢ではなく、僕もよく知る人も含めて、

病気、事故、自殺・・・など

幹事さんが声掛けて一分間の黙祷で冥福を祈りました。

集まった人間は50歳前後が一番多いんですが、

ちょっと考えさせられました。

例えば「平均寿命」という言葉がありますが、

身近な人、身内そして自分。

平均寿命というものがまったくアテにならない・・・

それぞれがよ~くわかっていると思います。

寝たきりでも元気でも90歳まで生きている人は

近くにいくらでもいます。

生まれてすぐ、あるいは学生時代に不運にも亡くなる人も

いっぱいいます。

ということはこの職場の同窓会でこんな感じですから、

あなたも僕も学生時代の同級生が一割以上あの世に行っている、

可能性が十分あります。

こういう現実を突き付けられたとき・・・人は二通りに分かれます。

不運は自分には関係ないと思って過去と同じように未来を生きる人。

そして、

寿命はいつ終わるかわからないと本気で感じて、

悔いを残さないように過去を振り返ってやり残したことを思い出して、

「今日から」昨日と違う行動を起こす人。

僕はあなたも知ってのとおり

切れば血の噴き出る「魂の投稿」を毎日書いているので

どちら側の人間かは言わずもがなである。

なんかこう・・・顔は履歴書・・・といいますか、

人生や生き方が透けて見えるような気がします。

ここでもやっぱり「栗林重雄」は若い、

と言われるんですが(笑)

僕よりずっと若いのに孫ができてもうお爺ちゃんになった

後輩もいます。

来年もまた同じ時期に集まろうということになっていますが、

僕もたくさんの人に影響を受けて生きていますが、

僕が集まった人達に「栗林は若い!」と感じてもらって、

それから「自分はどうなのか?」を振り返ってもらえるような、

強く相手に影響を与える人間で会えるよう・・・

今年も挑戦して生きていきたいと思います。

幹事さん、集まった仲間たちそして

天国から暖かい心で見守ってくれている仲間に感謝します。

ありがとうございます。

因みに20年前、僕はこんな人間ではありませんでした(笑)

「現状維持を希望される方、

傍観者の方、

立ち入り禁止。

挑戦者の方、

当事者意識を持った方、

おまたせしました。」

             千田琢哉
category
This is it! まさにこれだ!